TororoG

妊娠出産、切迫早産、産後の事、2兄弟との日々

先輩ママに聞いた出産の前兆とお産状況体験談④

calendar

reload

先輩ママに聞いた出産の前兆とお産状況体験談④

スポンサーリンク

春うららさん20代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

共働きで、34週までは普通に勤務していました。仕事をしている間は時々キューンとお腹が張るという事はありましたが、産休に入り、家でのんびりしていて、ストレスフリーな状態でいるはずなのに、そのキューンとした張りの感覚が多くなりました。予定日が近づき、家にこもらず、お昼寝なんかしてはダメ!お散歩でもして、体力を付けなさい。と産婦人科の先生に意見され歩くのですが、日に日に、少し歩くとキューンという張りが強くなり、さすがにお散歩に出るのが怖くなりました。

お産の状況

出産予定日から10日遅れて、無事出産出来ました。予定日が過ぎて、頻繁に検診に行き、その前日も、主人を伴い検診に行ったところ、「まだまだ生まれないよ」と言われ帰宅しました。ところが、翌朝、5時ころ「ん?何か温かい」という感じで目が覚めトイレに行きました。破水してしまったようで、動くたびに温かいお水が出てきて、おもらしという言葉ではおさまらないくらい流れてきてしまいました。病院に連絡しすぐ行きましたが、陣痛が始まらない状態でしたので、促進剤を使って陣痛を起こしました。私の骨盤に対して赤ちゃんの頭が大きく、破水もしていたので、吸引分娩となりましたが、五体満足な子が無事産まれました。
分娩台に乗って、12時間かかりました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

産院の先生によれば、破水は私の体質だという事なのですが、お腹の張りが強くなった時それが破水の前兆だったのかもしれません。無理せず遠出しないでよかったと思います。無理に散歩していたら、出先で破水なんてことになっていたかもしれません。

現在の様子

吸引分娩で、生まれてすぐは頭が「ちびまる子ちゃん」のおじいちゃん友三さんみたいだった頭の形は、授乳時になでなでしていたのとても良い形になりました。そして成人し、念願の職業に就くことが出来ました。

春うららさん、貴重な体験談ありがとうございました!




ゆっこさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

予定日を一週間以上過ぎても、まったく生まれてくる気配がなかったので、促進剤を投与することになりました。金曜日の朝から促進剤の点滴を始め、昼過ぎまでは特に何の変化もなかったのですが、午後3時ころから促進剤の量を増やしたため、夕方ごろから徐々におなかや腰のあたりが痛くなったりするようになりました。その後土曜日と日曜日は、促進剤の投与はしないということだったのですが、5~10分おきにおなかや腰がずきずきと痛いのを繰り返し、日曜日の早朝には破水しました。破水した後も、月曜日の朝から再度促進剤を投与していると、夕方になってやっと産まれてきました。

お産の状況

出産したのは予定日より10日後で、出産時間自体は破水してから12時間でした。ですが、促進剤を投与していた時からずっとおなかや腰が痛かったため、自分の感覚としては、促進剤の投与を始めた日の夕方から生まれるまでの間の4日間近くずっと痛みに耐えながら過ごさないといけなかったのはつらかったです。分娩室に入ってからは、10分もしないうちにすぐに産まれてきました。産まれてきたときには、正直「やっと」という思いでした。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

促進剤投与の為入院していたので、退院するころにはすっかりむくんでしまい、はいてきていた靴が入らなくなってしまったので、サンダルを履いてきとけばよかったと思いました。促進剤投与中の時間つぶしに本を持って行っていたけど、実際に読んだのは最初の3~4時間であとは、痛くてそれどころではありませんでした。

現在の様子

予定日過ぎてもなかなか産まれてくる兆候もなく、産まれる前からマイペースでしたが、現在も変わらずマイペースに育っています。

ゆっこさん、貴重な体験談ありがとうございました!




ほのぴさん20代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

妊娠9ヶ月に入った頃から前駆陣痛がありました。我慢できないほどの痛みではありませんが、お腹の下の方がチクチクするのが約1ヶ月つづました。頻繁にお腹は張るし、チクチク痛むし、私は夏だったのでとてもつらかったのを覚えています。本格的に痛くなったのは予定日前後でした。声が出てしまうほどの痛み、うずくまってしまうほどの痛み、吐き気や頭痛もありました。でも睡魔は襲ってくるので眠るんですが、痛みでまた起きるという繰り返しでした。

お産の状況

出産したのは40w5dでした。5日釣超過。妊婦健診で、お腹の中の赤ちゃんが3300gを超えていると伝えられていたのでお産は時間がかかるかもとのことでした。16日の午前9時。トイレに行きたくなって、いくと少量の出血。すこし茶色い感じでした。痛みもどんどん強まっていて産院に電話し、入院することに。午前10時、LDR室に通され、着替えなどをすまし、痛みと戦うこと20時間。日付がかわった17日の午前6時20分、3405gの大きな女の子を無事出産しました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

生産期に入ってすぐ、もっと動いていればもっとはやくに生むことができたのかなと思います。陣痛中は起き上がってごはんを食べることも飲み物を飲むこともほぼ不可能だったので、寝転んだまま食べられるおにぎりやウィダーインゼリー、ストローの飲み物はあってよかったと思いました。

現在の様子

3405gで生まれ、半年たった今9500gほどあります。とても大きく健康にすくすくと育ってくれています。

ほのぴさん、貴重な体験談ありがとうございました!




さちさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

おりものは妊娠中ずっとありました。おりものシートをずっと使っていましたので、こまめに交換してもかぶれてしまったのを覚えています。一人目のときも二人目のときも出産予定日の1ヶ月前から1日に数回は前駆陣痛がありました。もしかして…陣痛??っとドキドキすることが何度もありましたが、ふーっと深く息を吐いて気持ちを落ち着かせたりすると、次第に収まっていきました。特に一人目のときは何もかもが初めてだったので、常に緊張していたのを覚えています。

お産の状況

一人目は予定日より4日、二人目は10日遅れました。二人目の出産は予定日よりも早まると周囲から言われていたので、予定日の2ヶ月前から準備万端でした。一人目のときも二人目のときも出産の一週間前には入院をしていました。ですから、不安なことも看護師の方や助産師の方にいつでも聞くことができたので、心強かったです。二人とも破水をして1時間後くらいから陣痛が始まりました。痛みが10分間隔になったら教えてと助産師さんに言われ、そこまでの間隔になるまでが長く感じました。旦那さんが腰辺りを一生懸命さすってくれたのですが、全然楽にならなくて、ちょっとイラッとしたのを覚えています。陣痛中、隣の分娩室から出産している人の叫び声や赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきて、あ~私ももうすぐだなぁと思っていました。破水から6時間で生まれました。生まれたときはホッとしたというのが正直な感想です。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

陣痛中、あまりの痛みで息をするのを忘れてしまって、酸欠のような状態になってしまいました。出産前に行く両親学級のような教室で習う呼吸法をきちんと習得しておくべきだと感じました。あと、息も荒くなるのでとにかく喉が渇いたのを覚えています。お茶とかをそばに置いておくとよかったと思いました。

現在の様子

一人目は新生児感染症、二人目は不整脈でNICUに入院をしました。でも二人とも今はとても元気です。出産時、そういったトラブルがあってもすくすくと成長してくれて、今は健康そのものです。

さちさん、貴重な体験談ありがとうございました!




すいかさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

妊娠35週目に陣痛のような腹痛が不規則で起こりました。思い生理痛のような痛みで、妊娠中に時々起きた腹痛の中でもかなり痛みを感じました。夜間診察を受けたところ、前駆陣痛だと診断されました。まだ出産には早いということで、早産防止の薬を処方されました。その後は異状なく経過は順調だったのですが、予定日の1週間前にお散歩から帰ってくるとおしるしがありました。しかし、まだ赤ちゃんが下りてきていないということでなかなか出産には至りませんでした。予定日の3日後の夜中に以前にも感じた重い生理痛のような痛みが規則的に始まりました。これが陣痛の始まりでした。

お産の状況

出産をしたのは予定日の4日後でした。予定日を3日過ぎた日の夜中3時頃に規則的な腹痛が始まったのでその間隔をメモして計っていました。朝5時頃トイレに起きると尿とは別の水が大量に出たので、産院に連絡したところすぐに来院するように言われました。産院に着くとそれが破水だとわかり、7時過ぎには入院することになりました。その後もトイレに行くたびに水が出てきたのですが、陣痛の間隔はなかなか短くならず、病院内を散歩して赤ちゃんが下に降りてくるのを促しました。夕食を問題なく済ませたころ、陣痛の間隔が6~7分間隔になってきました。21時過ぎにLDRへ移動し、そこで陣痛の間隔が狭くなるのを待ちました。間隔が5分より短くなり、子宮口も開いているのになかなか赤ちゃんの頭が回転しませんでした。それは破水してしまった時に、頭がよくない位置に降りてしまい、羊水がないから赤ちゃんが回転できなくなってしまったのです。それでも陣痛は起きます。赤ちゃんも必死に回転しようと頑張っています。23時ごろ、助産師さんが子宮から指を入れて赤ちゃんが産まれやすいように誘導してくれました。そして日付が変わって午前1時を過ぎたころに、分娩台があげられ、いきんでもよいとの声がかかり、約30分ほどで産まれました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

出産するときには想像以上に汗をかくので、ペットボトルに設置できるストローとタオルを持って行ったことはとてもよかったです。初めての出産だったので何もわからなくて当然なのですが、立ち会う夫と出産前に息遣いやマッサージの仕方をもっと練習しておけばよかったと思いました。せっかく頑張って出産したのに、いざ赤ちゃんが産まれて写真を撮ろうとしたらスマートフォンの充電が切れてしまったので、充電は満タンにしておいた方がいいです。私の場合はデジタルカメラも持って行っていたので、そちらで撮影できたのでそれはよかったと思います。

現在の様子

少し大きめに産まれましたが、今では平均的な身長と体重で順調に育っています。私の手の中であんなに小さい体を震わせて弱々しく泣いていたのに、今では抱っこするのも重いし、びっくりするくらい大きな声で泣き叫んでいます。よく寝てよく遊びよく泣いてよく飲む元気な子です。

すいかさん、貴重な体験談ありがとうございました!




milkさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

後から考えると、出産する3日前ほどから赤ちゃんが大分下がってきていたのか小股でしか歩けないほどでした。子宮口周辺にはズキっとするような痛みもありました。夜に出産したのですが、出産の当日のお昼ごろに少量ですが出血をしました。出産は破水をすることなく、普通に陣痛から始まりました。陣痛ですが私の場合、お腹が痛いというより臀部の痛みが強かったです。そこからどんどん体の上の方、腰やお腹が痛くなるという感じでした。

お産の状況

出産したのは37週2日目でした。陣痛が来てから5時間ほどで出産することができ、安産でした。陣痛の間隔が早かったので、そのまま家に戻ることなくすぐに入院となりました。陣痛の合間は割と余裕があったのですが、生まれる15分ほど前に破水をしました。そこからがとても痛くて、すごく辛かったです。生まれてきた子供が羊水を飲んでいたようで泣かなかったので一瞬焦りましたが、先生の処置で無事泣いてくれて安心しました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

ペットボトルの先につけられるストローキャップを用意しておいて便利でした。陣痛の合間にのどが渇いた時に、寝た体制のまま水分補給ができたのでこぼす心配もなかったです。予定日よりも早かったのですが、もしもの時のために36週を過ぎたころには入院準備を整えておいたので陣痛が来ても焦りはありませんでした。

現在の様子

37週目で予定日より大分早かったのですが成長には問題なく、すっかりとしっかり者の女の子になっています。

milkさん、貴重な体験談ありがとうございました!




みりんさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

予定日になっても予兆がなく心配していましたが、予定日4日過ぎからおしるしのようなピンクの出血がありトイレに行くたびに出ていました(出産まで続いていました)その日の夜に弱い腹痛があり、陣痛が来たかな?と思ったのですが、前句陣痛だったらしく、横になるとおさまってしまいました。翌日の0時頃また弱い腹痛が出始め、3時には5分間隔で来るようになり、陣痛が来たと気づきました。3時には5分間隔になり、その後トイレに行くと今までにない濃いピンクの出血があり、慌てて病院に電話して向かいました。

お産の状況

病院に付き内診をすると、おりものだと思っていたものは破水でした。破水をしていたため、入院になり子宮口が2㎝しかひらいていなかったのでお産が進むのを待っていました。待っている間は、陣痛が5分間隔できていました。だんだん痛みは強くなってきていたのですが、まだ余裕があったので、痛みの合間に朝ご飯、昼ご飯はしっかり食べました。昼ご飯を食べ終わったあたりで寒気がし、熱を測ると38℃まで上がっていました。この時点で子宮口はまだ2㎝。機械をつけしばらく様子を見ることになりました。その後2時間ほど機械をつけ、様子を見ました。この時点で陣痛から10時間経過。熱と痛みで、意識がもうろうとし「早く産まれて…」と思いましたが、思いに反して子宮口は3㎝しか開いていませんでした。赤ちゃんの心拍が低下したため、緊急帝王切開をすることになり、同意書を書いて検査をした後、手術になりました。手術はあっという間でした。陣痛から14時間後、予定日から5日経ち、やっと我が子に会うことができ、とてもうれしかったです。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

緊急帝王切開だったため、お風呂に入れたのが4日後でした。汗ふきシートが大活躍しました。予定外だったため、帝王切開後必要になるだろうものを準備していませんでした。頭が洗えなくてつらかったので、洗い流さなくてもいいシャンプーを持っていくといいと思います。また母乳を出していることもあってか、とてものどが渇いたので、水やお茶などの飲み物もありがたかったです。

現在の様子

出産直後、感染症になってNICUにはいったりといろいろありましたが、しばらくして無事に退院しました。今では元気に泣いたり、「あー、うー」とたくさんおしゃべりしています。最近では笑うようになり、ますますかわいらしさが増しました。元気に育ってくれていることが、何よりもうれしく思います。

みりんさん、貴重な体験談ありがとうございました!




にこさん20代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

37週と2日の検診で医師から「子宮口が2センチ開いていて柔らかくなってきているので、入院の準備はしておいてくださいね。」と言われました。この時点では前兆と思われる症状は何も感じていませんでした。 37週と6日になりはじめて、歩いた時のみ、股関節から陰部にかけて軽い痛みを感じるようになりました。そしてその日の夜に急に破水し入院となりました。前駆陣痛は全くなく、おりものの変化もなかったように思います。

お産の状況

38週と0日の夜中2時頃破水に気づきました。お漏らししているような感じで、あれっという感じで、はじめは破水だと思いませんでした。病院に電話すると、すぐに来てくださいということでしたので、すぐに病院に向かいました。無痛分娩を希望していましたので、医師が破水を確認し、硬膜外麻酔の処置をして、そのまま入院する病室のベッドに移動。麻酔が効いているので、歩けないため、導尿をしながら、ひたすら子宮口が全開になるまで待ちました。18時頃に子宮口が全開となり、医師が診察をすると、回旋異常ということが分かり、吸引分娩になりました。痛みも全くなく、いきんだのもたった1回であっと言う間に赤ちゃんに会えました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

産声は1度しか聞けないので、夫にビデオで撮影してもらえばよかったなぁ?と後悔しています。あと無痛分娩の場合、ただただ横になったまま子宮口が全開になるのを待たなければならないので、暇つぶしグッズは必需品です。

現在の様子

38週、2790グラムで生まれた我が子ですが、今は2歳になり11キロになりました。2歳になったばかりとは思えないくらいよくおしゃべりしています。

にこさん、貴重な体験談ありがとうございました!




アッチャマンさん30代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

予定日丁度におしるしがあり、それから微弱陣痛がありました。最初そんなに強い傷みがあるわけではなく、お腹が張るかなーくらいのの感じでした。だんだん間隔が短くなって行くにつれて傷みが強くなって行きました。3分起きの間隔になるときゅーとお腹が痛くなり「うぅ?」と言葉が出る感じになります。まだ言葉が出るくらいはそこまでないのですが、そのうち傷みがある時は喋れない感じになりました。お腹もパンパンに張っていました。

お産の状況

子宮口がなかなか開かなかったので、まず風船を入れて開きました。風船のおかげで8センチまでは開きました。それからがまた開かず、促進剤も打ったのですがそれでもなかなか開かず、助産婦さんや先生が手を入れてグッ!グッ!と押されたりもしました。陣痛はピークに来ていたのですが子宮口が開かないのでイキムのを我慢しなければいけませんでした。その我慢するのがとても辛くてじっとしていられなく体をモゾモゾ動かしていました。どうしても8センチ以上開かなかったので8センチでイキんで産みました。かかった時間は38時間です。とても疲れました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

旦那さんに立ち合ってもらったのはよかったなと思います。横で励ましてくれたり内輪で扇いでくれたりしてとても心強かったし、安心出来ました。促進剤を打って頂いてもらってなかったら帝王切開かまだ長い時間陣痛に耐えなければいけなかったと思うのですごく助かりました。

現在の様子

産まれた時は2400㌘とちっちゃめだったのですが今では私をもうすぐ抜きそうなくらい大きく育ってくれました。

アッチャマンさん、貴重な体験談ありがとうございました!




みーこさん20代の出産前兆とお産時の状況

出産の前兆

3人出産しました。3人とも、特に前兆と感じるような変化はありませんでした。3人とも、おしるしからの陣痛・出産でした。1人目の時には、予定日から2週間を過ぎる目前の週末に妊婦検診があり、内診で少し刺激をしてもらいました。その日の夕方、おしるしがありました。陣痛が始まったのは、それから10時間くらい後の夜中3時過ぎた頃でした。 2人目の時には、予定日を1週間過ぎた頃に おしるしがありました。この時には、何の兆候もなく、お手洗いに行った時に気づきました。 3人目の時には、起床時にお手洗いに行くと おしるしがありました。陣痛が始まったのは、それから6時間くらいたったお昼頃でした。

お産の状況

1番上の子の時には、3日かかりました。予定日から2週間過ぎる前日におしるしがあり、予定日から2週間目の日の夜中に陣痛が始まりました。が、すごく微弱で、夜中からその日の夕方までの約12時間ほどは、1時間に1度数分間重い生理痛のような痛みでした。夏場だった為、お風呂に入れる間に入っておこう。と、思い立ち、晩ごはん前にシャワーを浴びました。それから急に陣痛が強くなり始め、30分間隔から15分間隔、夜中の2時頃に10分間隔になった為病院へ。診察を受け、このままいけばお昼頃でしょう。と、言われていましたが、陣痛室待機中に、主人の親兄弟や友達が次々と押し寄せ、陣痛に集中できなくなるとともに、陣痛がおさまり始め、朝8時の診察時で 陣痛が微弱になり間隔が開き始めたので帰宅しました。帰宅後、夜中一睡もしていなかった為、5時間程度の睡眠をとり、シャワーを浴びました。その後、夕方から再び陣痛が始まりました。始まった時には、すでに15分間隔でした。それからは順調に進み、前日同様、夜中の2時頃に入院。今度は陣痛に逃げられないようにする為、陣痛室にへの入室は主人と私の母のみにしてもらい、陣痛での入院を誰にも知らせませんでした。 安心して陣痛を迎えられた為なのか、その後は間隔がドンドン早くなり、11時30分に無事に産まれてきてくれました。

こうしておけばよかった。。これはよかった!

陣痛の時には、気を使うような間柄の人には来てもらわない事。気を使う為なのか、体が緊張状態になり、陣痛を感じる事ができなくなってしまいました。陣痛が長くなればなるほど赤ちゃんが苦しいと思うので、ママがリラックスできる状態を作る事をお勧めします。

現在の様子

予定日を2週間も過ぎる程お腹の中に居ただけあって、とても のんびり屋さんの よく眠る娘に育っています。

みーこさん、貴重な体験談ありがとうございました!

私の記録です↓↓↓

出産の前兆。臨月、 前駆陣痛の症状や予定日前のいつもと違った前兆記録
陣痛時のアイテム達と陣痛中の注意点、産後の身にしみたもの
陣痛の時間記録とお産の流れ体験談。意外にいけたな、と思う^^