TororoG

妊娠出産、切迫早産、産後の事、2兄弟との日々

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談⑥

calendar

reload

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談⑥

スポンサーリンク

ぴーちゃんさん20代の切迫早産入院、双子妊娠で25週から入院…

あなたの切迫早産入院

双子妊娠をしていたので、医師から管理入院のため通常の妊娠の場合よりも早い時期から入院してもらいますと言われていました。双子妊娠のため、通常よりも検診の回数も多かったのですが、20週過ぎた辺りから検診のときにモニターをつけるとお腹の張りがありが25週頃にすでに、お腹の張りが内服薬では収まらなくなり切迫早産の危険性があるということで入院が決まりました。入院期間は産前から産後まで入院し続け二ヶ月半程でした。

入院中辛かった事、紛らわし方

入院中に辛かったのは、24時間点滴です。もともと、注射や採血などが苦手なこともあり、点滴を繋ぐだけで血圧が低下したことが数回あり、看護婦さんや先生方が部屋に集まることがありました。お風呂も共同で時間が決まったなかで点滴している腕にラップを巻きテープで取れないように止めてシャワーを浴びていました。着替えも看護婦さんに手伝ってもらわないとできませんでしたのでそこが辛かったです。幸い、総合病院の大部屋で過ごしたので、同じような悩み、同じ双子妊娠のママとの会話ができたことで毎日楽しく過ごせました。

ささやかな楽しみ

主人の面会です。土日しか基本面会にこられなかったのですが、私は食事制限がなかったので食べたいものを差し入れしてもらいました。病院では食べられない甘いスイーツやファストフードなど毎週買ってきてもらうのが楽しみでした。

切迫早産入院を思い返してみて

入院準備なんてまだまだ先でいいや、赤ちゃん用品はまだでいいかな~と先延ばしにせずに早めに支度しておくことです。私は自分の下着などもまだそんなにお腹が大きくなっていなかったので購入していませんでしたが、買い物に行く前に、自宅安静、入院となってしまい主人の母に購入してもらうことになり、恥ずかしいやら情けないやらで複雑な気持ちでした。新生児服も自分で選びたかったけど結局は義母に用意してもらうことになり自分の好みのものが買えませんでした。

ぴーちゃんさん、貴重な体験談ありがとうございます!




すくらんぷさん30代の切迫早産入院、子宮筋腫がありながら妊娠、立ち上がれないほどの腹痛に襲われて…

あなたの切迫早産入院

子宮筋腫があり治療するか悩んでいた中での妊娠発覚。妊娠12週ころすでに子宮は張っており、ときどきギュっと縮こまる感覚がありました。おりものに混ざって出血もあったことから「安静に」と言われていましたが、どのくらいが安静なのかがわからず過ごしていました。妊娠4ヶ月になる頃腹痛で動けず、冷えたのかと思いお風呂に入ったところ、立ち上がれないほどの腹痛に襲われました。主治医に電話をしたら救急車で大学病院へ運ばれ即入院。子宮筋腫があると子宮が大きくなるときに変性を起こし、激しいいたみに襲われるそうです。安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月ころが一番辛く、妊娠8ヶ月まで入院していました。

入院中辛かった事、紛らわし方

暇が一番つらかった。基本安静で寝ているだけなので退屈でした。あとはお食事が美味しくないことが多かったので、主人にときどきお弁当やおやつを買ってきてもらったりしていました。あとは暇つぶしの本。通販雑誌などで買い物をするなど。

ささやかな楽しみ

しばらくしてから同室の方数名と仲良くなり、毎日たくさんお話ししました。笑いすぎて楽しくて、途中から楽しい妊娠合宿となりました。同じような状況の仲間なので、産後も仲良くさせていただきました。

切迫早産入院を思い返してみて

とにかく出血したら安静です。お腹がぎゅうっとなることは異常な状態だなんて知らなかった当時、満員電車にのって仕事に行っていたことが恐ろしいです。切迫早産の入院中、安静度は様々だと思うのですが、入院は長期になりがち。集中治療室レベルでなければ今はスマホで世間の状況を知ることもできると思いますので、wifiを持ち込んでネットでつぶやいたり、ブログを更新したりして同じような仲間とつながったり、発信したりしてもいいんじゃないかと思います。妊娠の入院はゴールが見えています。同室の仲間と長い院生活を楽しく過ごすのもいいものですよ。あ、生命保険はとっても助かりました。手配はお忘れなく。あとは事前に高額療養費制度の手続きをすることで、入院時の費用の支払いは最初から通常の医療費の3割負担ではなく、自己負担限度額の負担で済みます。私はそれを知らなかったので、大きい金額を用意せざるをえませんでした。

すくらんぷさん、貴重な体験談ありがとうございます!




ぐぐぐっちょさん20代の切迫早産入院、初期から切迫流産ぎみといわれ30週から入院…

あなたの切迫早産入院

入院したのは2人目妊娠の時だったのですが、初期から切迫流産気味という事で上の子も見つつなるべく大人しく過ごしていました。しかし、24週頃の検診で子宮頸管がすでに短くなりつつあること、また検診のときにかなり張ってしまい、これは危ないという事で急遽実家に行き自宅安静にしていました。その後も里帰り出産する産院で張り止めのお薬を貰い、上の子は実母に見てもらいながら安静にしていたのですがなかなか頻繁に起こる張りが収まらず、30週の時の検診で入院する事になりました。

入院中辛かった事、紛らわし方

元から血管が細くて注射に失敗されることが多かったのですが、入院してからも何回か刺し直したり、という事があったのが嫌でした。左右交互にさしても上手くいかなかった看護師さんに謝られたときは、怒ってしまいそうでしたが、心の中で怒鳴ったらスッキリしたので大人の対応が出来ました。

ささやかな楽しみ

ここぞとばかりに普段のんびりと読めない本を読みました。電子書籍のおかげで横になりながらでも快適に読む事が出来ました。

切迫早産入院を思い返してみて

わたしは1人目の子どもを実家に預けて入院したので、本当に心苦しかったです。毎日朝昼晩と実母に連絡を取り、子どもの様子を確認しては自暴自棄な気持ちになってしまいました。しかしそんな時胎動を感じ、お腹の中にいる赤ちゃんもまた、わたしにとっては大切な子どもである、という事に気付きました。
今は辛いと思いますが、切迫早産には必ず終わりが来ます。それまでを明るく過ごした方がきっと赤ちゃんも、お腹の中に一緒にいて楽しいと思います。自分だけでなくお腹の赤ちゃんと一緒に頑張ってるんだ、と思ってわたしは耐えられました。皆さんの出産が安産になるよう画面の奥から祈ってます。

ぐぐぐっちょさん、貴重な体験談ありがとうございます!




ひまわりさん代の切迫早産入院、20週から子宮頸管長の長さがほとんどなく危険な状態…

あなたの切迫早産入院

20週のとき妊婦検診に出かけた時に、お腹の張りなど何も感じていなかったのですが、診察のあとにお医者様から子宮頸管長の長さがほとんどなく危険だと説明を受けて、そのまま車椅子で病室に運ばれて入院となりました。入院は20週からMFICU(母体胎児集中治療室)に入り、35週までウテメリンの点滴を24時間外すことなく続けていました。36週からはウテメリンを錠剤に切り替えて、6人の患者さんがいる大部屋に移動することができました。

入院中辛かった事、紛らわし方

大学病院に入院していたため、まだ幼い娘の面会が禁止されていて会うことができませんでした。また、私の両親も主人の両親も県外にいて仕事をしていたため頼ることが難しく主人に任せきりになって生活をしていたことが辛かったです。携帯のメールで娘の写真を送ってもらうこと、主人が手作りの食事の写真を見せてもらうことで辛さを紛らわせていました。

ささやかな楽しみ

毎週月曜日にベッドのシーツの交換がありました。同じ病室のみなさんも危険な状態であったので、ベッドの仕切りのカーテンがいつも閉まったままなのですが、月曜日になるとシーツの交換の間だけ顔を見合わせて会話をすることができていました。また来週も元気に会おう!と約束を交わして一週間を乗り切ることが辛さもありましたが楽しみでもありました。

切迫早産入院を思い返してみて

切迫早産での入院はとても不安だと思います。不安で不安で心が落ち込むとお腹の張りが増していたように思います。私はDVDプレーヤーを持ち込み、できるだけ笑えるような楽しい内容の映画を主人に選んでもらって見て過ごしていました。また、お腹のこどもの名前を早くに決めてずっと話しかけていました。いま切迫早産で入院している妊婦さんは不安で仕方がない状態だと思いますが、妊娠期間は10ヶ月です。動きすぎたから赤ちゃんに負担がかかったのかな?など、振り返ったときに後悔をしないようにお医者様とよくお話をして穏やかな気持ちで毎日を過ごして欲しいと思います。

ひまわりさん、貴重な体験談ありがとうございます!




最後の方は名前の通りですので観覧注意と書いておきます。今は息子さん2人を育てているママさんです。

天使になった娘の母さん30代、お腹に痛みがあったものの普通に家事をしていました…

あなたの切迫早産入院

数日前よりお腹に痛みがあったものの普通に家事をしていました。週週は良く覚えていないのですが確か20週を過ぎた頃でした。 その後出血、夜中に病院へ行きました、たが時すでに遅し掛かりつけの産婦人科から 救急車にて搬送。緊急帝王切開したものの、産声は無くその後、夜中に死亡。夫の話によると尿が詰まったらしい。 その後の私の身体は回復したが来年20歳になる娘の事を思うと泣けて来ます。。
お腹の不調を感じて検査に行ったのだが、超音波も異常なしでした。あの時院長先生に見てもらっていたら 助かっていたかも知れません。

入院中辛かった事、紛らわし方

他の無事に生まれてきた赤ちゃんを連れたお母さんを見るのが凄く辛かったです。おまけに出産お祝い御膳が出た時はたまりませんでした。紛らわしたりする方法も見つからず、毎日泣いてお化けのような顔をしていました。

ささやかな楽しみ

楽しみなんてありません。毎日泣いていましたので。小さな虫を見ただけでも泣けて泣けて本当に人生分の涙を流したと思います。

切迫早産入院を思い返してみて

とにかく無理をしたことを一番に悔いています。当時、気難しい舅と同居しており、無理をするなと言われていても嫁の立場なのでどうしても無理をしてしまいました。もっと舅との関係が良ければ私の心身も楽だったと思いますし、娘にも苦しい思いをさせずにすみました。この後悔は一生続くのだろうと思っています。この子の前にも切迫早産で入院していましたので、点滴生活が辛いのは解っています。でもそれがあったから長男は無事に生まれ、結婚したい女性とも出会えました。元気で生まれてくるのが一番。可愛い赤ちゃんを絶対に手に抱くのだと思って耐えて下さい。産まれてきたらきたで大変の事も増えます。ゆっくりできるのは入院生活だけですよ。頑張って下さい。二人目は残念でしたが三人目をすぐに授かりまして、元気な男子高校生、受験生になりました。絶対にあきらめないことです。

天使になった娘の母さん、貴重な体験談ありがとうございます!

なんと書いたらいいのか言葉にできないですが、私も第二子の際はとにかく無理をしないよう気を付けたいと思います。そしてここまで読んでくれたママさん、ありがとうございます。入院中は、点滴で動機、息切れはするし血管も痛い、家に帰りたいし、赤ちゃん迎える準備もしたい、髪も切りたかった、家族と居たい、いつ退院できるかわからない状態でとてもモヤモヤします。。
ただただ言えるのは、一人ではないという事。赤ちゃんも心拍早くして頑張っています。今のうちのんびりゴロゴロしましょうね。

39週と6日で生まれてきた息子は今1歳7カ月。めちゃくちゃ元気に育っています^^

私自身の切迫早産で入院した記録(①~③)

切迫早産入院生活①29w~32w子宮頚管長1.5mm!恐怖のマグセント

入院で痛かったのはお財布もでした。。。

【入院費】私が切迫早産で入院し約一カ月半。入院費用はいくらかかったか

暇すぎる入院で助かった物たちメモ

切迫早産入院持ち物と、あってよかった.あったらよかった物まとめ