TororoG

妊娠出産、切迫早産、産後の事、2兄弟との日々

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談④

calendar

reload

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談④

スポンサーリンク

しりかゆさん30代の切迫早産入院、「赤ちゃんが産まれてしまうかも、、」で初めて事の重大さを痛感…

あなたの切迫早産入院

23週の時に入院となりました。つわりも収まり安心していつも通りの暮らしをしていました。何となくお腹が張っている気もしていましたが、冬だったので寒さと妊婦仕様だと思い込んで特に気にせずに家事をこなしていました。定期健診で、「子宮頸管が短いかも」と言われましたが、次の検診まで様子見が2回続いていたのでこのまま出産まで様子見と言われ続けるのかと、楽観視していました。入院が決まった日の検診で「これ以上短くなると赤ちゃんが産まれてしまうかもしれない」と言われ、初めてことの重大さを認識しました。

入院中辛かった事、紛らわし方

今まで健康な妊婦だと思い込んでいただけに、自分が赤ちゃんのSOSに気づいてあげられなかった自責の念でずっと沈んでいました。点滴の針で血管痛を起こしてしまうので、寝ているだけでも本当に辛かったですし、最初の数日はトイレにも自分で行けなかったので、動きたい気持ちと動くのが怖い気持ちとが入り交じる初めての感情でした。入院中は毎日の診察でエコー写真をもらえたので、赤ちゃんが元気だと本当に励みになりました。あとは動けないので、ネットでベビー用品をデザイン重視で買いまくり気持ちを上げていました。

ささやかな楽しみ

地元を離れての入院出産だったので、頼る人がいなかったせいか夫が毎日定時で上がって病院に来てくれました。体重管理しながらも甘いものが食べたかったので、元コックの夫手作りスイーツの差し入れを毎日楽しみにしていました。そして家に二人でいる時よりも赤ちゃんの事含めて会話が多くなったので結果的には良かったです。

切迫早産入院を思い返してみて

とにかく動けないので100均で売っているおもちゃのマジックハンドとフック付きのカゴでベッド周りをカスタムしていました。
ちょっとしたものをとるときにマジックハンドは便利です!カゴは3個かけて薬類、本、タブレット、うちわなど、細々となんでも入れておきました。あとは、お気に入りのサボンの制汗シートで脇や首回りを拭いてリフレッシュしていました。病院内は乾燥するので、リップクリームとハンドクリームも必需品でした。これもお気に入りの香りのものを使うと気持ちが落ち着きました。

しりかゆさん、貴重な体験談ありがとうございます!




こずみなさん30代の切迫早産入院、22週で子宮頚管が短くなり安静にするも24週に即入院…

あなたの切迫早産入院

たまにお腹が固くなりキューと締め付けられる感覚がありました。初めての妊娠でお腹が張るという事が分からなかったのですがこれがそうなんだと後で知りました。22週の時に子宮頸管が短くなってきていると伝えられ、張り止めの薬となるべく体を横にして安静に過ごしていたのですが、24週の検診時にはまた少し短くなっており即入院となりました。24時間点滴と車椅子生活のお陰で入院中は子宮頸管の長さは維持、お腹の張りは緩和され34週まで薬の量は増えることなく過ごせました。35週で退院することが出来ました。

入院中辛かった事、紛らわし方

24時間の点滴が辛かったです。自分の血管は逞しいのですぐにさせるのですが、点滴漏れしやすいのか1日持たない時もあり何度も刺し直してもらっていました。ひどい時は腕が赤く腫れ、痛みで寝る事も出来なかった時もあります。

ささやかな楽しみ

入院当初はずっと寝たきり、移動も車椅子、お風呂は入れずで悲しかったですが、毎日お腹の子の心音が聞けるし毎週エコーで成長が見れるの事が楽しく感じました。

切迫早産入院を思い返してみて

切迫早産は長い入院生活になると思うので好きな本、ゲーム、またはテレビで時間を潰すしかありません。退院後は車椅子の安静生活で足の筋肉がかなり衰えていて、重いお腹で立ち上がる事も一苦労でした。正直毎日が不安でしたがお腹の子が無事に成長しているという事が入院中私を支えてくれていたと思います。まわりの入院妊婦さんも同じ症状で入院妊している方が多かったですが、大抵の方は無事正産期まで乗り切れていました。張りが止まらず薬が増えるなど気が滅入る事もあると思いますが、赤ちゃんを信じて頑張って下さい。

こずみなさん、貴重な体験談ありがとうございます!




さささん20代の切迫早産入院、思い当たる兆候は特にないけど、ストレスが色々とあった…

あなたの切迫早産入院

切迫早産になったときは、全然気付きませんでした。私がお医者さんから切迫早産になりかけていると、妊娠7ヶ月ちょっと前に1ヶ月毎の検診で言われました。何でもエコーで見たところ産道が開きかけているとの事でした。特にこれと言って兆候はありませんでした。仕事でも座り仕事立ったのもあり、何でだろうと思いました。ただ、思い当たると言えば、その時ストレスは凄いいろいろとありました。なので、ストレスから切迫早産がきたのかなと思っています。

入院中辛かった事、紛らわし方

入院中は安静しなければならなかったので、ほとんどベッドに横たわっていました。なので、暇だったのが辛かったです。私は病院の食事が美味しかったり、おやつの時間が特に嬉しかったです。暇なときは友達とメールなどをしていました。

ささやかな楽しみ

入院中はの楽しみ方は、私はテレビを観ていました。ドラマもいろいろと観れるのが楽しかったです。入院のお見舞いに友達や親戚がいろいろと雑誌や飲み物、パジャマを持ってきてくれたりして嬉しかったし、話すのも楽しかったです。

切迫早産入院を思い返してみて

切迫早産になって思ったことは、ストレスは厳禁だと思いました。いろいろと気疲れすることもあったので、やはり妊娠中はストレスをなるだけ抱えない方がいいと思いました。仕事も出来るだけ無理を、しないようにした方が良かったかもしれません。入院中は食事やおやつ以外は暇なので、いろんな人と連絡がとれる携帯電話はあって良かったです。メールやインターネットなどができるので携帯電話は必要な物だと思います。その他には雑誌もあると暇潰しになりました。

さささん、貴重な体験談ありがとうございます!




さえさん20代の切迫早産入院、ものすごい張りに襲われ救急車で転院…

28週頃お腹が張るから助産師健診時に相談しようと思い助産師さんに言ったらすぐ医師の健診に移されその場で切迫早産でいつ出てきてもおかしくないので即入院してくださいと言われ放心状態になりました。その病院で1ヶ月たった頃ものすごい張りに襲われうちではみれないので転院してくださいと言われ救急車で転院先の病院へ。その際もいつ産まれてもいいような体制で病院へ向かいました。そして転院先で診察を受けまだ肺が出来てないので出てきても呼吸ができるようにと筋肉注射を2回打たれました。そこでまた張りがきて数日陣痛室に。まさかのインフルエンザで1週間隔離。その後36週まで点滴でもたせ最初の病院へ戻り37週で産みました。

入院中辛かった事、紛らわし方

部屋から一歩も出れず排泄もポータブルトイレだったのが恥ずかしかったです。あとはインフルエンザにかかったことです。妊娠中での40度の高熱はきつかったです。辛さや暇を解消するのに漫画を読んだり産まれてくる子供の名前を考えたりしてました。

ささやかな楽しみ

食事が豪華だったので毎日の食事が楽しみでした。あとシャワーは許可がでないと入れなかったのでシャワー浴びれるのが楽しみで仕方なかったです。

切迫早産入院を思い返してみて

妊娠中はなにが起きるか分からないので準備は早めにしておくと旦那さんも困らないかと思います。どうしてもやりのこしたことがあると気になってしまったり旦那さんも仕事で忙しいと準備に時間がとれないかと思うので動けるうちに無理はしない程度でやっといたほうがいいと思います。今辛い妊婦生活を送っている方々、今を乗り越えれば最高の感動が待ってます。赤ちゃんも頑張ってますのでママも赤ちゃんと一緒に頑張ってください。

さえさん、貴重な体験談ありがとうございます!




いまはさん30代の切迫早産入院、引っ越しや地震でのストレスが切迫早産の一因だったのかも…

あなたの切迫早産入院

33週の検診の際にエコーで赤ちゃんの位置が低いと言われ、内診したところ子宮口が開いていたため入院になりました。自覚症状としては、お腹が常に張っている、緩い腹痛がある時がある、胎動が感じられないことがある、疲れやすい、おりものが多い、トイレが近いなどがありました。28週で引っ越しをしたことや30週の頃に地震があったことなどによるストレスが一因なのではないかと思われます。正期産の37週になるまで、4週間入院しました。

入院中辛かった事、紛らわし方

点滴による治療をしていたのですが、心臓がバクバクする、手が震える、首のリンパが腫れるといった副作用が辛かったです。また、絶対安静状態で最初の10日間シャワーを浴びることができなかったのが辛かったです。子育て中で普段は自分に使える時間など無かったので、のんびり読書をする、ゆっくりと化粧水を塗るなど、いつもはできないことをして気分転換をするようにしていました。

ささやかな楽しみ

食事がおいしかったので、毎食とても楽しみでした。自分でメニューを考えて作るのとは違い、「今日は何かな」と楽しみに待つことができるのはとてもうれしいことでした。また、味付けや盛り付けなど参考になりました。

切迫早産入院を思い返してみて

食事とトイレ以外起き上がることができない生活で、シャワーを浴びることができないのがとても辛かったので、洗い流さないシャンプーなどお風呂に入らなくてもすっきりできるようなものがあれば良かったと思います。読書をしたり、ゆっくり食事をしたり、赤ちゃんが産まれてからはできないことをしておくのも良いと思います。また、家族のことや仕事のことなど気になることはたくさんあると思いますが、穏やかな気持ちで過ごすことがお腹の中の赤ちゃんのためにできる唯一のことだと思うので、自分の心身の健康と赤ちゃんのことを一番に考えて過ごしてください。

いまはさん、貴重な体験談ありがとうございます!

続きはこちらです↓

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談⑤

私自身の切迫早産で入院した記録(①~③)

切迫早産入院生活①29w~32w子宮頚管長1.5mm!恐怖のマグセント

入院で痛かったのはお財布もでした。。。

【入院費】私が切迫早産で入院し約一カ月半。入院費用はいくらかかったか

暇すぎる入院で助かった物たちメモ

切迫早産入院持ち物と、あってよかった.あったらよかった物まとめ