TororoG

妊娠出産、切迫早産、産後の事、2兄弟との日々

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談③

calendar

reload

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談③

先輩ママ30人に聞いた、あなたの切迫早産入院体験談②の続きになります。

スポンサーリンク

ともかさん30代の切迫早産入院、医師が真っ青な顔をしてウテメリン投与等の処置を…

あなたの切迫早産入院

元々里帰り出産するつもりで、安定期に里帰り先の病院で一旦診察してもらいました。居住地に帰る際に医師から「頸管が3mmなので帰宅したらすぐ受診するように」と言われましたが、当時の私には意味が全く分からず帰宅してかかりつけの医師にその旨を伝えました。すると、医師や看護師が真っ青な顔をしてウテメリン投与等の処置を始めました。その病院には分娩施設はなく当時29週だった為、近辺でNICUがある病院に緊急搬送され入院しました。検査結果、子宮口も開いてお腹も張っていた為、筋無力症ではなく、切迫早産になりやすい体質かもとの事でした。元々、予定帝王切開だったので、37週0日まで毎日点滴でその日に出産しました。

入院中辛かった事、紛らわし方

身体は元気なのに、重心で胎児が下がってはいけないからと、トイレとシャワー時以外はベッドに横になっていなくてはならなかった事が1番辛かったです。幸い、相部屋で皆同じ状況だったので、愚痴をこぼしたり、病院のスタッフの噂話に花を咲かせたりする事でした。

ささやかな楽しみ

週に1、2日、病院からデザートが配られる日があり好きな物を選べたのでデザートを選ぶのが楽しみでした。

切迫早産入院を思い返してみて

切迫早産での入院となると、総合病院での入院というケースが多いと思います。総合病院は、個人病院と違い、洗濯やシャワーなど融通がきかない点が多いので、入院中の着替えは多めに用意しておいた方が便利です。あと、水の要らないシャンプーも便利でした。また、自分が切迫早産になるとは思ってもいなかったので、チャイルドシートも購入していませんでした。出産後、しばらくもれなくタクシー等の公共交通機関での移動を余儀なくされ不便だったので、チャイルドシートなど赤ちゃんが生まれてすぐ必要な物は早めに準備しておいた方がいいと思います。

ともかさん、貴重な体験談ありがとうございます!




hnkさん20代の切迫早産入院、自分自身張りは感じなく、NSTでも張りは見られなかった…

あなたの切迫早産

検診で初めて頸管長をはかったときに頸管長が短いと言われ、飲み薬をもらい自宅安静にして下さいと言われそれの約1ヶ月後の26週目で頸管長が1.3cmしかないということで即入院になりました。自分自身張りは感じませんでしたし、検診のときにNSTをつけても張りは見られなかったのでびっくりしました。入院期間は2ヶ月です。頸管長をはかって自宅安静になるまで立ち仕事をしており、少し重いものを持ったりすることもあったのでそういうことも原因なのかなと思います。先生は体質もあるということでした。

入院中辛かった事、紛らわし方

24時間点滴、シャワーになかなか入れないということが辛かったです。今まで健康で入院したことのない私にとって24時間点滴は初めてだったので、点滴との生活は辛かったですし、入院日数が伸びていくと血管が持たなくなってきてすぐに差し替えになることが辛かったです。絶対安静だったのでシャワーにもなかなか入れず気持ち悪いと思っていました。自分の好きな匂いのシートなどで拭いたりして、紛らわしていました。

ささやかな楽しみ

旦那が単身赴任だったのですが、頑張ってほとんど毎週帰ってきてくれることが楽しみでした。やはり旦那が側にいてくれることが1番安心します。

切迫早産入院を思い返してみて

流さないシャンプーや、汗拭きシートなどは気休め程度になると思いますがあって良かったです。入院中本当に暇だったので、クロスワードやナンプレや資格試験の勉強の勉強など、時間が潰せるものは必要です。入院は赤ちゃんのためと思って頑張るしかなかったです。もともと妊娠中って不安定でマイナス思考になったりしてしまうのに、それにプラスで入院して辛いって気持ちがとてもあり、泣いてしまう日も沢山ありましたが、泣きたいときは泣いて切迫早産の入院した天使になった娘の母さん30代、お腹に痛みがあったものの普通に家事をしていました…人のブログや掲示板などみて、自分だけじゃないと頑張るしかないです。自己暗示みたいなものですが、大丈夫と思って頑張って下さい。

hnkさん、貴重な体験談ありがとうございます!




はるなつあきふゆさん30代の切迫早産入院、妊娠4ヵ月頃、下腹部に「ちくちくした痛みが続いて…

あなたの切迫早産入院

切迫早産に気づいた理由は、妊娠4ヶ月頃に痛みの山はあるものの下腹部のチクチクとした痛みが続いたことです。上の子の妊娠の時には感じなかったことなので、病院へ行き、診察をしたところ、子宮ケイ管の長さが3ミリ以上なければいけない時期に1.3ミリでした。切迫早産とのことですぐに入院が決まりました。入院が決まった時は入院日数は経過をして決めますとのことで未定のまま入院をしていました。実際入院日数は10日間でした。

入院中辛かった事、紛らわし方

入院中一番辛かったことは、上の子のことです。入院が決まった時は上の子が幼稚園に通園し始めた時期で、幼稚園に慣れない辛さと家に私が居ない辛さとで毎日泣いていたようです。また入院中は24時間点滴でトイレも行けず、面会も極力しないようにとのことでした。お互いの会えない辛さを紛らわすように、毎日お手紙を書きました。まだ字が読めなかったので、絵をいっぱい描いて、パパやおばあちゃんに読んでもらってね!と

ささやかな楽しみ

24時間点滴をしているなので動けないし、トイレにも行けない。入院中のごはんに出てくるデザートくらいでしょうか。

切迫早産入院を思い返してみて

入院中はほんとになにも出来ず、ベッドの上で点滴をしながら経過が良くなることを日々祈りながら、時間が過ぎていく毎日でした。寝ながらできること、マンガや雑誌を読むくらいしか出来ないので、飽きるほどの本があればいいかもしれません。切迫早産は赤ちゃんや自信の体が頑張り過ぎだよー!って教えてくれているんだと思って無理をしないことだと思います。家の事が心配かもしれませんが、そこは両親や旦那様に任せて、ゆっくり体を休めることに全力をそそいでください!

はるなつあきふゆさん、貴重な体験談ありがとうございます!




かんちゃんさん20代の切迫早産入院、双子妊娠10週目で切迫早産入院、次の妊娠でも入院…

あなたの切迫早産入院

二度の妊娠中に経験しました。一度目は、双子の妊娠中のときに10週目で切迫流産で3週間入院。30週位の時に大出血で深夜に受診、お腹の張りもありそのまま分娩まで入院しました。3番目の時も、切迫流産、20週位に大出血で1ヶ月入院しました。24時間の点滴、安静、いつ始まるかわからない陣痛の恐怖に襲われてました。お手洗いに行く度に出血してるのではないかとドキドキしてました。出血が止まって茶色のおりものがまた、赤くなったときもすごく不安でした。

入院中辛かった事、紛らわし方

入院中辛かったのは、病室とトイレだけしか行動は、許可が下りなかったことです。それと1週間シャワーも浴びれなかったときも、辛かったです。気を紛らすのはテレビと食事でした。あとは、同じお部屋の患者さんたちと、面白い話をして笑うことでした。

ささやかな楽しみ

入院中の楽しみは、1日に何度か赤ちゃんの心音を聞くときと、週に何度かの先生の診察の時にエコーで赤ちゃんが元気に成長してるのを確認できる時でした。

切迫早産入院を思い返してみて

入院中あってよかったのは割りばしでした。三回の食事の時に箸を洗う必要もないし、食器用洗剤もなかったので衛生的にも良かったと思います。食べたらゴミ箱なポイでよかったですから。あとは同部屋の患者さんたちに連絡先聞いておけば良かったと思います。一緒に苦しんだり、不安がったり、時には代わりにナースコールしてやったり、大笑いしたのでお互いに子供の成長も連絡できたと思います。今入院中の方は必ず解放される時が来るので今はゆっくり休んでください。赤ちゃんのためにいっぱい酸素吸ってくださいね。大きくなりますよ。産まれてからは夜も眠れません、きっとあの頃は良かったなーと思う時が来ます。焦らずゆっくり休んでください。かわいい赤ちゃんに会えるまで。

かんちゃんさん、貴重な体験談ありがとうございます!




あおママさん30代の切迫早産入院、異常なしで帰宅するも大量出血。切迫早産で緊急入院…

あなたの切迫早産入院

妊娠33週の時、朝から定期的にお腹が張って痛むので、もしかしたら陣痛かもしれないと心配になりかかりつけの産婦人科に診てもらいにいきました。モニターを取り付けお腹の張りや赤ちゃんの心拍を確認してもらいましたが、先生には異常がないから気にしなくて良いと言われ、自宅に帰されました。その夜、いつも通り寝ようとベッドに入ったもののどうしてもお腹の張りと痛みが気になっていました。時間を計ってみると痛みは約10分間隔。気のせいだろうと思い、起き上がってトイレに行ったら大量に出血。これはおかしいと思い病院に電話したところすぐに来るように言われました。診察の結果は切迫早産。急遽入院となりました。

入院中辛かった事、紛らわし方

予定帝王切開だったため、妊娠36週になったら赤ちゃんを出そうという話でした。点滴治療で陣痛を抑え、なんとか36週まで持たせるべく安静にしていました。移動も車椅子で、行動を制限されるのが辛かったです。気を紛らわすため、家族に本を持ってきてもらったり、携帯でゲームをしたりしていました。

ささやかな楽しみ

楽しみは、見舞いに来てくれた家族に会えることでした。特に、当時二歳だった上の子に会える時間が限られていたので、会える時は本当に嬉しかったです。

切迫早産入院を思い返してみて

上の子の時は妊娠高血圧症候群になり、早めの入院となりバタバタしたのを覚えています。それを教訓に、第ニ子の妊娠中は早めに入院準備をしていました。思いがけず切迫早産で入院となってしまったものの、入院グッズの準備がしてあったので助かりました。妊娠中かなり重たい荷物を一人で持って出かけたりしてしまいました。今思えば無理をしたことが切迫早産を引き起こしたのかもしれません。妊娠中は無理な行動をしてはいけないなと反省しました。

あおままさん、貴重な体験談ありがとうございます!

続きはこちらです↓

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談④

私自身の切迫早産で入院した記録(①~③)

切迫早産入院生活①29w~32w子宮頚管長1.5mm!恐怖のマグセント

入院で痛かったのはお財布もでした。。。

【入院費】私が切迫早産で入院し約一カ月半。入院費用はいくらかかったか

暇すぎる入院で助かった物たちメモ

切迫早産入院持ち物と、あってよかった.あったらよかった物まとめ