TororoG

妊娠出産、切迫早産、産後の事、2兄弟との日々

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談①

calendar

reload

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談①

今現在検索しまくってここに来てくれたママさん達の為に、実体験談のアンケートをとらせてもらったのでここに載せていきたいと思います。私自身が辛かった時にこういう記事を見て自分だけじゃないんだ!と思えたので^^気休めになればと思います。

スポンサーリンク

りおさん30代の切迫早産入院、31週で生理痛のような痛みと出血…

あなたの切迫早産入院

31週の時、トイレに行きたくて目が覚めるとお腹に生理痛のような痛みがありました。トイレに行くと出血をしていて、生理時ぐらいの出血をしていたと思います。それから病院に電話をして病院で診察をしてもらいました。切迫早産で安静が必要だからとその場で即入院になり、毎日朝から晩まで張り止めの点滴をしていました。トイレ以外は横になっているように言われ、お風呂にも入らせてもらえませんでした。
しかし入院して1週間も経たない時、破水をしてしまい、そのあともチョロチョロと破水していたので、このままだと羊水がなくなって、赤ちゃんが苦しいからと臨月を待たずに出産となりました。

入院中辛かった事、紛らわし方

初めての妊娠でなにも分からず不安だらけでしたが、毎日家族の写真を見ていました。あと、子どもの名前を考えたり、病院に置いてある赤ちゃんカタログで服・おもちゃを見たり。赤ちゃんのことを考えてる時間を増えると自然と頑張れました。

ささやかな楽しみ

家族や友達がお見舞いに来てくれるのは、やはり嬉しかったです。同室のマタママさんと仲良くなって、よくお喋りしてたことも楽しい思い出の一つです。入院してる間、毎日のように赤ちゃんの心音を聞いたり、エコーをしてもらっていたので、心配・不安はありましたが、赤ちゃんの顔をいつも見られるのは嬉しかったです。

切迫早産入院を思い返してみて

私が入院していた時は、3人部屋だったので神経質な私にとってはカーテン一枚で仕切られただけの部屋は隣の人が気になって仕方ありませんでしたが、夜眠る時にはいつも音楽を聴いて眠っていました。音楽プレーヤーはあって本当に良かったなと思います。あと、寂しくなった時はいつも家族の写真を眺めていました。入院生活は安静にしていなくてはならないので、この機会にゆっくり読書などしてみるのもいいかなと思います。少し早いけど、内祝い(お返し)等も決めておくと退院後は少しゆとりができるかなと思います。

りおさん、貴重な体験談ありがとうございます!




イライザさん20代の切迫早産入院、特別気になる症状もなく突然切迫早産と言われ…

あなたの切迫早産入院

32週の妊婦検診の時、切迫早産と言われました。特別気になるような症状はなく、家でも力を使うような家事は極力せずいたので突然切迫早産と言われ驚きました。その日は薬を渡され(確かそれがウテメリン)自宅で安静にするよう言われました。言われた通り安静にして薬を服用していましたが、翌週の33週目、検診で切迫早産の症状が全くよくなっていない、子宮頚管が1.5センチで張り止めを点滴しなければとのことでその日から3週間入院することになりました。

入院中の辛かった事、紛らわし方

入院は相部屋になりまして、4人部屋でした。
同じ部屋になった人で、同じく切迫早産の人がいたのですが、面会に母親と子供が毎日来てました。子供だけにその子も病室内ではしゃぐんですが全く注意しないどころか一緒に歌を歌いだしたりする始末でした。入院している他の方も複雑な心境であった可能性もありますのでちょっと配慮してほしかったです。私はひたすらイヤホンをつけてテレビを見て紛らわせました。

ささやかな楽しみ

病院食はやはり健康面ではいいのかもしれないですが味の方はちょっと…と思いました。見舞いにくる旦那に甘いものを買ってきてもらうのが楽しみでした。(お菓子の持ち込みOKだったかどうか定かでないのであまりマネはしないでください)

切迫早産入院を思い返してみて

入院中は点滴を付けっぱなしになり、基本的にお風呂に入れません。どうしてもという時は医師に相談し許可をもらう形になります。そんな時に役にたったのが水なしでも頭が洗えるドライシャンプーとボディシートです。どちらもドラッグストアで普通に売っているものですので、私の場合は旦那に買ってきてもらいました。
後は、ママ向けアプリで入院中のイライラや不安など投稿して他の人から励ましの言葉をたくさんもらえたのが助かりました。

イライザさん、貴重な体験談ありがとうございます!




かずちゃんまま20代の切迫早産入院、胎動だと思ったお腹の動きが規則的な張りだった…/h2>

あなたの切迫早産入院

仕事を頑張っており、夜勤もしておりました。23週の時、胎動だと思っていたお腹の動き。規則的だったので、これはお腹の張りではないか?と思い、横になってお腹を触り時間を計ってみると5分おきにお腹がキューとなっていました。
慌てて、病院に電話をし、病院にむかうと、頸管長が24ミリでした。ウテメリンの内服をして様子をみましたが、子宮収縮はおさまらず、即、入院となりウテメリン&マグセントの点滴をされベットでの安静生活でした。

入院中の辛かった事、紛らわし方

はじめのうちは、ゆっくりできるーと思って嬉しかったのですが、それも数日でした。
動けるのに動いてはいけないと言われ、1日中ベットで過ごさないといけないことが辛かったです。
窓からみえる外の世界がうらやましかったです。自由に動けることがこんなに幸せなんだと実感しました。

ささやかな楽しみ

入院中の楽しみといえば毎日の食事でした。あとは面会にきてくれる家族と過ごすことが唯一の楽しみでした。

切迫早産入院を思い返してみて

入院していることを知られたくなくて、友達にも黙っていたけれど1人でいる時間は長く不安でした。友達に、話して面会にきてもらったりして、気分転換が必要だったなと思います。
そして、私は病状で個室でしたが大部屋でいる方が色々な人と関わることができて気分転換になって不安が紛れたのではないかなと思います。また、医療者に気をつかって過ごしていましたが気を遣いすぎて疲れました。自分と赤ちゃんのことを1番に考えて下さい。

かずちゃんままさん、貴重な体験談ありがとうございます!




homaさん20代の切迫早産入院、腰痛が酷いと思っていたらお腹の張りだった…

あなたの切迫早産入院

25週の時、腰痛が酷く(元々とゆう事もありました)まだお腹も出てきた時で胎動が少しわかる時でした。
あまりにも腰痛が酷くて朝一救急で診てもらいに行ったのですが、腰痛よりもお腹の張りがずっと続いていたみたいで即入院だと言われてしまいました。それからは朝6時から夜中1:00まで2時間起きに張りどめ薬を飲んでいたので寝不足でもあり毎日薬に追われていたのがとても辛かったです。自宅安静でお願いします!と担当医に相談した結果11日で退院することができました。

入院中の辛かった事、紛らわし方

とりあえず立ち上がることも、歩くことも許されなかったので寝転んでばかりでした。なので基本暇です!その時は携帯で小説を読んで時間を潰すことにしていました。ほとんど携帯で時間潰しをしていたのを思い出します。

ささやかな楽しみ

親、主人のお見舞いに来てくれることだけが楽しみでした。他にあげるなら毎回の食事は楽しみにしていたかもしれません。

切迫早産入院を思い返してみて

私は個室ではなく6人部屋でしたのでテレビの音や携帯の音を出すことを許されませんでした。なので携帯のイヤホン、テレビのイヤホンはあった方がいいと思いました。周りに人がいるというだけで気を遣いしんどい思いをすることがあると思います。でもその入院もいつか終わりますよ!赤ちゃんはお腹の中でスクスクと育っていますよ!産まれてきたら入院していたつらさなんて比べ物にならないくらいの忙しさが待っています。今ゆっくり出来る時なんだと思いゆっくりしてください。

homaさん、貴重な体験談ありがとうございます!




春空さん30代の切迫早産入院、妊娠5カ月に入った朝、お腹に鉄板が入ったように固くなり…>

あなたの切迫早産入院

妊娠5ヶ月に入った朝、お腹が鉄板が入ったように硬くなり、痛くて動けなくなりました。トイレに行きたかったので、少し落ち着いてから、行くと、気持ち、ましになったようでしたが心配なので、診察時間が始まる頃に病院へ電話し、受診すると切迫早産と診断されました。その日は、2週間分の張り止めの処方をされ安静にするように言われました。その後は、軽い張りはありましたが、痛みもなく落ち着いていました。しかし妊娠8ヶ月に入った頃に、少量の出血をしそのまま入院となりました。10日間入院していましたが再度出血。赤ちゃんが降りてきていることもあり、NICUのある総合病院へ転院し1ヶ月入院しました。

入院中の辛かった事、紛らわし方

入院中はずっと張り止めの点滴をしていました。薬が身体に合わなかったのか点滴が漏れやすく、2日に一回差し替えで早い時は1日で漏れてしまっていました。血管炎にもなり、痛かったです。つわりは落ち着いてたはずなのに、点滴を始めてからは毎日、嘔吐をしていました。
腹圧がかかってしまうので赤ちゃんに気を使いながら嘔吐をしていました。それでも赤ちゃんは元気に動いてくれていたので、この子の為と思い話しかけながら過ごしていました。

ささやかな楽しみ

同室の妊婦さんと仲良くなって日中はよく話しをしていました。その方は経産婦さんだったので、子育てについて色々と教えてもらいました。また毎日主人が面会に来てくれていたので、その時間は辛さが紛れる時間でした。

切迫早産入院を思い返してみて

8ヶ月に入ったらマタニティフォトを撮りたかったのですが、あっという間に入院となりそれどころではありませんでした。入院中はずっとパジャマでの生活だったので写真を撮る気にもなれなかったですが、落ち着いてた時に撮っておけばよかったかなと思っています。入院中、嘔吐はあったけど食欲はあったのでしっかり食べていました。そのせいか出産前に、グっと赤ちゃんの体重が増えていました。結果32週6日で出産となりましたが、自発呼吸もあり、今も元気に成長してくれています。
今切迫早産の妊婦さんへ、お腹が張ったり、赤ちゃんのことで不安になったりすることがあると思いますが、今は医療も進み、早産でも元気に育つ環境が整っているので安心して、今は1日でも長く赤ちゃんをお腹の中で育んであげてほしいと思います。

春空さん、貴重な体験談ありがとうございます!

続きはこちらです↓

先輩ママ30人の切迫早産入院体験談②

私自身の切迫早産で入院した記録(①~③)

切迫早産入院生活①29w~32w子宮頚管長1.5mm!恐怖のマグセント

入院で痛かったのはお財布もでした。。。

【入院費】私が切迫早産で入院し約一カ月半。入院費用はいくらかかったか

暇すぎる入院で助かった物たちメモ

切迫早産入院持ち物と、あってよかった.あったらよかった物まとめ