妊娠8カ月に切迫早産の前触れ?妊娠後期の体の変化、まさかの入院

妊娠・流産・切迫・出産・生理

妊娠29週目、妊娠9カ月を前に、気にしているのは体重くらいでなにも気にせず日々を暮らしていた私が切迫早産になった。そしてまさかの即入院。思い返せば前触れのような体の変化があったかも、、次に生かせるかもと切迫早産について調べた備忘録と私の体験メモ。切迫早産の診断を受けたママに少しでも為になればと思います。




はじめに切迫早産とは?切迫流産との違いは?

切迫早産、切迫流産、両方よく聞きますよね。なにがちがうのか簡単に書いておきます。
切迫流産・・・22週未満で流産になる恐れがありますよ。という状態。腰痛、出血や痛みを伴う。危険な状態

切迫早産・・・22週~37週の時期に周期的な痛み、出血、子宮口の開きや破水が見られ、まだ早いのに赤ちゃんが産まれそうになっている状態

ということで切迫流産と切迫早産は、時期が違うんですね。22週というラインがあり、今の日本で超未熟である赤ちゃんが出てきてしまっても生かすことができるかもしれない、というぎりぎりのラインなんです。

なってみるまで知ることのなかった切迫早産。私が体験して感じた原因と予防法です。

楽しい妊婦ライフからの突然の切迫早産診断

赤ちゃんスタイや布おもちゃを作り(簡単だったので、この記事も書きますね)パンも作ってノンカフェインのコーヒーを飲んだりして、お腹の張りという張りも感じず?に8カ月までのほほーんとやってきました。なにもなくこのままいくのだろうと思っていました。とくに変わらずの一日。だったのが、おりものかな~と思いトイレに行くとん!?茶色い!!!!怖い!ネットで調べまくっても切迫という文字がたくさん出てきて怖くなった。。旦那さんの帰りを待ち、急な体の変化がなければ翌日病院へ行く事にした。
翌朝特に痛みやもなかったけど、少しの茶おり。すぐに病院へ。妊娠初期からカンジタに繰り返しかかってきた為、おりものは多めだったらしい。いつもの金具を入れて中を広げ検査。茶おりの事を伝えるとすぐに膣内エコーをしてくれた。

子宮頚管長1.5mm!切迫早産で即入院

切迫早産の検査で膣内にエコーを入れて子宮頚管長の長さをみる、どの長さで入院になるかは病院によって違うみたいだけど、私はその時1.5mmでした。

先生『短いね!こりゃあ入院だな。二時間後に点滴始めるから荷物まとめてきてね~』
私『え、、今日ですか?明日でもいいですか?』
先生『だめ。すぐ点滴しよう』

がーん。。まさか自分が。悲しんでいる時間はなくどたばた(としてはいけないんだけど)と家に行き病院へ。モニターというお腹の張りと赤ちゃんの心拍が聞ける吸盤みたいのを腹に巻きつけ30分程度。。生まれて初めての点滴。。注射大っ嫌い。。かなり落ち込んだ。長い長い入院生活が始まった。




切迫早産になった原因

人それぞれなのであくまで私の場合。まず、カンジタにかかっていた事は大きいのかもしれない。おりものが増えると、子宮頚管をおりものが進んでいって赤ちゃんの羊膜に届く。そうすると破水を起こしてしまう可能性がある、といわれました。おりものが子宮頚管の方に進みどんどん短くしていたのかも。
そして、《張り》がどんなものかいまいちわかっていなかった事。これもけっこう原因となったような気がする。飼い犬の世話で中腰になることが多く、自分で張りを起こしていたんだと思う。膝をまげて腰をおろしましょう。。と言いたい。あの頃の私に。
あとは重い物をよく持っていた。これもいえる。ごめんよとろまる。先生にこいつはガサツでめんどくさがりな奴だとばれたのか、妊娠確定の頃に2kgまでしか物をもっちゃだダメと言われる。2kgって!すぐ2kgなのに!

・カンジタ感染
・張りに鈍感
・行動が雑

書き出してみるとカンジタ以外自業自得だったのかも。。反省。

切迫早産、できるかぎりの予防法

私の場合は
・張りに気をつける
・安静
・無理しない
・2kgを守る
・ズボラにしない
・カンジタを治す(でもこれは薬を入れたり毎日洗浄で通って落ち着いても、またなったりして結局ずっと治りませんでした。)

これですかね。元気に活動しても平気な人は全然平気なんです。これがまた。次回の妊娠期はとろまるもいるしなかなかのんびりできないとは思いますが以上に気をつけて入院を避けたいと思います。心配な方もすっごく多いとは思いますが、とにかく安静。そろそろ歩いて家事はなるべく任せる。(そうもいかない)腹筋に力の入るような動きは禁止です。
がんばりましょう!!長々と読んでいただきありがとうございました。

切迫早産で入院をしたママ達に聞きました!
こちらもご覧ください。少しでも不安が落ち着きますように!